カテゴリー別アーカイブ: ┠不妊

卵巣年齢と実年齢は比例しない・・・AMH検査

こんばんはニコニコ姉上がFBを新規登録したので、PCを待ってたらこんな時間に。。。
昨夜、「タニタとつくる美人の習慣」の著者Momoさん の記事
→卵巣年齢からみた人生設計を。 を拝見しまして、衝撃をうけました。

そもそも卵巣年齢は、卵子の質ではなく、卵子がどれくらい残っているか?という数値なんですね叫びMomoさんのブログによると、年齢と卵巣年齢は比例しない!

そして、喫煙が影響していることが分かっているそう。受動喫煙も関係してると聞いてショック∑(-x-;)でした。私は吸わないけど、周りが吸ってるもので。

その卵巣年齢を調べるものを

AMH(アンチミュラー管ホルモンor抗ミュラー管ホルモン)というそうです。

○卵巣内にどれぐらい卵子の数が残っているか(卵巣予備能)を反映する数値
○他のホルモンと違い、月経周期のいつ測ってもよい血液検査

f’f-»•i [XVÏ‚Ý]
卵巣年齢検査(AMH)のご案内 から画像を拝借

不妊治療の専門分野でしか調べられないらしいのですが、私も調べたい!!
卵巣年齢は実年齢より衰えていて、最近は20代・30代で閉経する方が少なくないらしいのです。

卵は減ると増えることはないので、数値を知っていつまでに妊娠した方が良いか?と指針を計るのも良いですね(*^_^*)

タバコを吸ってる女性は要注意です。
赤ちゃんと出会えるために 妊娠の主役は「たまご」


男性不妊に石狩鍋?!

こんばんは(*^。^*)ホンマでっか?!TVを拝見していたところ、男性不妊に効果のある食材が発表されてました

男性の生殖能力の低下も非常に叫ばれております。今はどちらに原因があるか分からない時代です。私の友人・その周りも性欲がない、種がないだろうetcの悩みは尽きず、お客様からもED・HSDのご相談を受けます。。。

そんな状況の中、この前のホンマでっか?!TVの情報テレビ

●秋鮭がオススメ
鮭の中にある抗酸化物質が男性に対して非常に有効で、秋鮭には精子の運動能力の上昇に効果が期待できる→精子の活動が活発になり受精しやすくなる

●石狩鍋がオススメ
石狩鍋には、上記の鮭に麹・みそがあり、亜鉛やアミノ酸の塊のようなもの
男性の生殖能力アップに効果がある

だそうです(*^_^*)これで少しでも不妊が減れば嬉しいですね♪男性の悩みもかなり尽きないようなので・・・


不妊治療が増えている理由。。。原因②

前回、不妊治療が増えている理由。。。原因①を書かせていただきました。
そしてmixiを読んでいましたら、こういう記事がありましたの↓

実はタバコが止められない人は、日本口腔衛生学会や日本心臓病学会などの学会では「喫煙病の患者とする」との発表がされており、病気として認定されているのです。更にタバコを吸う人は、自分だけでなく、子孫の生殖機能を損傷する恐れがあるという研究結果が9日、海外メディア『ヘルスデイニュース』にて発表されました。
ドイツの医科大学、生殖研究室長モハメド博士は報告書で「過度の喫煙は精子発達に重要な役割をする、蛋白質のプロタミンを減少させる。また、酸化によるストレスを通じて精子のDNAまで損傷させる」とし、喫煙は生殖機能低下を招く事を明らかにしました。
実験として博士はタバコを一日20本以上吸う男性53人と、タバコを吸わない男性63人に3~4日間性関係を持たないようにした後、採取した一定量の精子の中のプロタミンを測定しました。その結果、喫煙グループが非喫煙グループに比べてプロタミン数値が平均14%も低い事がわかり、喫煙する男性はプロタミン欠乏で生殖機能に危険を招くようになるとモハメド博士は指摘しました。
また、デンマークのコペンハーゲン大学病院人間生殖生理学博士のアンデルセン氏は、他の研究論文で妊娠後の3ヶ月間にタバコを吸った女性の胎児は、睾丸の生殖細胞が大きく減少すると明らかにしました。
「妊娠37~68日間に堕胎された男の胎児24人の睾丸組織を分析した結果、妊娠後の3ヶ月間にタバコを吸った女性の胎児は、タバコを吸わなかった女性の胎児に比べて生殖細胞が平均55%少ない事がわかった」と話しており、喫煙のリスクは男性だけでない事も発表してます。

前々から、男性による不妊の原因(精子の問題)がありました。
まだまだ、調べる事はいっぱいありそうですが
実験人数も少なく、結果としては物足りないかもしれない・・・けど、こういう結果がでたのです!!しかも、女性が吸うことによって子孫にも影響を及ぼすという叫び叫び百害あって一利なし女性の場合、1本吸うだけでニコチンが子宮に5年は溜まると中学校の時に聞きましたが・・・

もしかして本当なのかもしょぼん


不妊治療が増えている理由…原因①

かなり前に、不妊治療何で増えているんだろう?
と書かせていただきましたが。。。

一つ原因が分かった気がします。それは、色々な原因になる女性の大敵!!

冷えです

ヨガの勉強をしていると、
ヨガをすることにより
代謝が良くなり体温が上がる
●女性ホルモンの分泌も活性化

そして
子供ができやすくなるそうです

やはり、現代人は基礎体温も低くなっている為
色々な病気を引き起こしやすく、免疫力の低下、心の病気もなりやすくなっています。
まさか妊娠にも体温の低さ・代謝の悪さ、冷え原因の一つになっているとは。。。
私も気をつけなければと思いました。

まずは、
●温かいものを食べる・飲む
●温かい格好をする
●身体の体温を高める根菜類などを食べる
●半身浴やお湯につかる
●少しでも身体を動かす

等、できる所から始めていきたいですね


不妊治療が気になって

昨日、そういえば、二卵性双子はどうやってできるのか?
と分からなくなって

調べた所、自然にできるのはかなりの低確率。 が、
今は不妊治療の際、排卵誘発剤を使って双子ができるのが増えているという。
子供が増えるのは良い事ですが、、、
私は、気になりました。

排卵誘発剤で双子が増えるという事は、不妊治療が多くなっている事自体、問題じゃないのか?と。

何で、不妊治療が増えているの?
食生活?現代の環境のせい?

どちらにしても改善しないといけない問題だろうと思いました。

界面活性剤の使用によって、アレルギーを持つ子供が3人に一人の割合になっている。
その為、無添加・無香料・無防腐剤・界面活性剤の使用を控える商品が沢山でています。

私もマクロビやオーガニック、上記のものは使っていない基礎化粧品等を使っています。
不妊治療の原因 調べて分かったら又書きます。
ご存知の方が居たら教えて下さい(>_<)