カテゴリー別アーカイブ: ┗GoodStory

Good Story⑭ ~プロポーズ~

Pocket
LINEで送る

こんにちはニコニコ

FBでいつも拝読している1分で感動☆ より・・・

感激して涙がこぼれました*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

697a6855cb7533e77293e0edaa01c9af「魂が震える話」より
00526431s@merumo.ne.jp
(空メール送信で登録♪)

僕のおじいちゃんは、某有名大学出身でとても頭も賢く、運動神経も抜群で、

小さい頃はよく勉強やスポーツなど、色々とおじいちゃんに教えてもらっていた。

しかし、今はおじいちゃんに勉強を教えてもらっていない。

正確に言えば、教えてもらう事が出来なくなってしまった・・・。

僕が高校2年生になった頃、

おじいちゃんは認知症になってしまったのだ。

今では僕の事も、実の娘の僕の母親の事も分からなくなってしまって、

いつも僕たちに「はじめまして」とあいさつをしてくる。

唯一、奥さんである僕のおばあちゃんの事は分かっているみたいだったけど、

ここ最近になって、おばあちゃんの事もわからなくなってしまった。

しかし、おばあちゃんは毎日笑顔で懸命におじいちゃんの世話をしていた。

今年の年初め、

家族みんなで集まって家でごはんを食べようとなり、久々に家族全員で集まる事になった。

家族の誰一人分からなくなってしまって、

とても緊張をしているおじいちゃんに、

おばあちゃんが笑顔で家族のみんなを紹介していった。

すると、

いきなりおじいちゃんは真剣な顔をしておばあちゃんに話し出した。

「あなたは本当に素晴らしいお方だ。

いつも素敵な笑顔で僕に笑いかけてくれる・・・

あなたが笑ってくれたら僕はとても幸せな気持ちになれます。

もし、独り身ならば僕と結婚をしてくれませんか?」

家族全員の前でのプロポーズだった。

2回目のプロポーズに、

涙をぽろぽろこぼしながら、

おばあちゃんは笑顔で「はい。」と答えた。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

二度目のプロポーズ

こんなに素敵なことはないでしょう。:゚(。ノω\。)゚・。(

私もこのくらい!愛の関係性を貫きたい。

素敵な話をありがとうドキドキ

Pocket
LINEで送る

Good Story⑬ ~魂の約束~

Pocket
LINEで送る

こんにちはニコニコ

2010年以来のGood Storyシリーズです。長文になりますので、ゆっくりお読みください。

醍醐千里 さまからの転載

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

詩を書きました。
長い長い詩です。
子どもたちに書きました。
私の願いを込めました。

学校や塾、学童やおはなし会、朗読会などなど…
子どもたちと接する場がある方は
ぜひこの詩を子どもたちに届けてください。
そうしていただけたら、とってもとっても嬉しいです。

いろいろな場面で
いろいろな大人が
いろいろな形で
子どもたちにメッセージを伝え続けることが大切だと思っています。

この詩ひとつで何かが大きく変わるとは
思いませんが、
メッセージのひとつとして考えていただけたら
ありがたいです。

印刷して子どもたちに渡してくださってけっこうです。
印刷・保存用のファイルはこちらです。

http://www.geocities.jp/shicago3137/tamasiinoyakusoku.kannsei.pdf

小さい子にはむずかしいかもしれませんが
ふりがなをつけておりますので、
機会がありましたら、読ませてあげてくださいね。

また、声に出して読みやすいようにも書いてあります。

自分の受け持ちクラス…中学3年生…で
読みました。
シーンとして聞いていました。
あまりにも生徒たちが集中し、
こちらの息が苦しくなるくらいでした。

読み終わったあと、
教室は深く静かになりました。

ぜひ大人の方が声に出して読んであげてくださいね。

それではどうぞ…

■・・・・・・・・・・・・・・・・・・・■

「魂の約束」 醍醐千里

私たちは生まれるとき、神様から魂をいただきました。
みんなその魂を、自分の真ん中においています。

魂は磨けば磨くほど光ります。

漢字の練習を一生懸命しました。
魂は昨日より光ります。

電車でおじいさんに席をゆずりました。
魂は昨日より光ります。

弟におやつをあげました。
魂は昨日より光ります。

今日はごめんねが言えました。
魂は昨日より光ります。

あの人にありがとうが言えました。
魂は昨日より光ります。

努力をすることや、誰かや何かに優しくすることは、
魂を磨きます。

けれど
努力をすることや、優しくすることだけではなく、
楽しいこと、うれしいことも、
魂を光らせることが分かりました。

友だちと楽しく大笑い。
魂は昨日より光ります。

誕生日のプレゼント。
魂は昨日より光ります。

楽しいことやうれしいことも魂を磨くと知って、
私はなんだかホッとしました。

ある日、そうじをさぼって友だちと遊びました。
友だちと楽しく大笑い。
けれどその日、自分の中の魂を見て驚きました。

あんなに楽しく笑ったあとだったのに、
魂は、光るどころかくもっているのです。

ある日、友だちからネックレスをもらいました。
お店から盗ってきたネックレスだと言います。
ほしかったものなので、
よく考えもせずにそれを受け取りました。

その夜、魂を見てみたら、その日もまた魂は、
昨日よりくもっていました。

ある日、一人が言いました。

ねぇ、あの子、はぶかない?
あっという間に、その子はひとりぼっちになりました。
私は、その子をひとりぼっちにさせる側にいました。
その輪の中で私には、急に仲間が増えました。
新しくできた仲間とともに、
おもしろおかしく過ごしました。

そんな日々を送る中、
私は久し振りに、自分の中の魂を見てみました。

私の魂は真っ黒になっていました。
私は、自分の魂の色を見て、
とてもおそろしくなりました。

楽しいこと、うれしいことの中にも、
魂をくもらせること、
魂を濁らせることもあると分かりました。

楽しいこと、うれしいことには、
2種類あると分かったので、
これからは、
気をつけていかなければならないと思いました。

毎日魂を磨き、
毎日魂の様子を見ているうちに、
私は不思議なことに気がつきました。

磨いたつもりのない日でも、
魂の輝きが、増しているときがあるのです。

そういう日の一日を振り返ってみると、
その日は、きれいな花を見たり、美しい夕焼けを見たり、
そういう日だったことが分かってきました。

映画を見たり、本を読んだり、音楽を聴いたり。

そういうことでも魂を、磨くことができるのです。

楽しいことやうれしいこと、
目にした景色や、聞こえてくるメロディ、あたたかな言葉。
その日その日のなんでもないことも、
私の魂を磨き続けてくれたのです。

できるだけ魂を光らせようと、毎日を送っていましたが、
ある日、私は少しだけ疲れてしまいました。

夢の中で私は、神様に会いました。

夢の中で私は、神様に聞いてみました。

神様、私はいつまで魂を磨けばいいのですか。
私の魂は、いつ完璧に美しくなるのですか。

神様は言いました。

あなたは、あなたの最後のひと呼吸まで、
魂を磨き続けなさい。
みんなその約束をして、地上に生まれているのですよ。

でも、神様、磨き終わらないうちに、
最後のひと呼吸がきたら、
どうすればよいのですか。

心配しなくて大丈夫。
あなたの魂は、最後のひと呼吸のとき、
必ず、最高の光を放ちます。

神様、私にはその自信がないのです。

あなたは、毎日魂を磨いています。
だから大丈夫。
最後のひと呼吸のとき、
魂はそれまでで一番美しい姿を見せてくれます。
何も心配いりませんよ。
あなたの魂は毎日、昨日より輝きを増しているのです。

ときどき、自分の魂を、離れたところから見てごらんなさい。
あなたの魂があなたの体を越えて、
まわりに光を与えていることにも、
気づくことができるでしょう。
このごろでは、あなたの魂の輝きで、
道を明るくする人も増えてきました。

さぁ、戻って、魂を磨いてきなさい。
毎日を楽しくうれしく感謝の気持ちで送るのですよ。
そうするとあなたの魂は、キラキラと光を強くしていきます。

あなたがここに来るのは、まだまだずっとずっと先。
あなたの人生を、楽しんでいらっしゃい。

あなたがどんなに素晴らしい魂を持って、ここに帰ってくるか、
私はそれを楽しみにしています。

目が覚めた私は、
それまで気づかなかったことに気づきました。

昨日より今日。
今日より明日。

私の魂は輝きを増し続け、毎日新しく生まれ変わります。
そして必ず、その日の魂が1番光る魂。

少しの努力、優しい気持ち、
そして
うれしいこと、楽しいこと。
日々の中に散りばめられた美しいもの。

神様との約束を思い出したので、
私は、なんにも心配しないで、
毎日を送っていくことができそうです。

なんにも心配しなくても、
私の魂は、昨日より光ります。

光り続けます。

(完)

最後までお読みいただきありがとうございます。

【読んでくださったみなさまへ】◆10/25追記

たくさんの感想をありがとうございます。
HPやブログ、メールマガジンへの転載につきましてのお問い合わせが続いていますので、お伝えします。
一人でも多くの方、子どもたちに読んでいただけたら、これ以上の幸せはありませんので、どうぞご自由に転載なさってくださいね。お知らせいただけたら励みになりますが、ご報告されなくても全然かまいません。どうぞご自分に合った形でご紹介下さいね。

ご紹介は、行替えも行間も変えずに、このままの形でコピー、貼り付けでお願いいたします。

みなさまのメッセージやメール、ひとつひとつ大切に読ませて頂いています。みなさまのお言葉は、これからの私も強く、優しく支えてくれることでしょう。

みなさまのメッセージお一つずつにお返事差し上げたいのですが、
なかなかゆっくりパソコンに向かう時間がとれず、申し訳ありません。

全てのメッセージを、感謝の思いとともに深く心に受けとめております。
温かいお力添えに心から感謝しています。(2007年3月追記)

*…光あふれる日々でありますように…*

★文芸社のHP作家インタビュー

http://www.bungeisha.co.jp/hontama/interview/article_340_32.jsp

★エッセイ「丸くあたたかい石」

http://www.bungeisha.co.jp/hontama/essay/article_330_210.jsp

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

少しずつ少しずつ魂は磨かれているのです。

焦ることもない、見失う事もない。

あなたはあなたらしく

一日一日を生き、一日一日輝きを増す

人生を全うした時にとびっきり光輝くように

Pocket
LINEで送る