不妊治療が増えている理由。。。原因②

前回、不妊治療が増えている理由。。。原因①を書かせていただきました。
そしてmixiを読んでいましたら、こういう記事がありましたの↓

実はタバコが止められない人は、日本口腔衛生学会や日本心臓病学会などの学会では「喫煙病の患者とする」との発表がされており、病気として認定されているのです。更にタバコを吸う人は、自分だけでなく、子孫の生殖機能を損傷する恐れがあるという研究結果が9日、海外メディア『ヘルスデイニュース』にて発表されました。
ドイツの医科大学、生殖研究室長モハメド博士は報告書で「過度の喫煙は精子発達に重要な役割をする、蛋白質のプロタミンを減少させる。また、酸化によるストレスを通じて精子のDNAまで損傷させる」とし、喫煙は生殖機能低下を招く事を明らかにしました。
実験として博士はタバコを一日20本以上吸う男性53人と、タバコを吸わない男性63人に3~4日間性関係を持たないようにした後、採取した一定量の精子の中のプロタミンを測定しました。その結果、喫煙グループが非喫煙グループに比べてプロタミン数値が平均14%も低い事がわかり、喫煙する男性はプロタミン欠乏で生殖機能に危険を招くようになるとモハメド博士は指摘しました。
また、デンマークのコペンハーゲン大学病院人間生殖生理学博士のアンデルセン氏は、他の研究論文で妊娠後の3ヶ月間にタバコを吸った女性の胎児は、睾丸の生殖細胞が大きく減少すると明らかにしました。
「妊娠37~68日間に堕胎された男の胎児24人の睾丸組織を分析した結果、妊娠後の3ヶ月間にタバコを吸った女性の胎児は、タバコを吸わなかった女性の胎児に比べて生殖細胞が平均55%少ない事がわかった」と話しており、喫煙のリスクは男性だけでない事も発表してます。

前々から、男性による不妊の原因(精子の問題)がありました。
まだまだ、調べる事はいっぱいありそうですが
実験人数も少なく、結果としては物足りないかもしれない・・・けど、こういう結果がでたのです!!しかも、女性が吸うことによって子孫にも影響を及ぼすという叫び叫び百害あって一利なし女性の場合、1本吸うだけでニコチンが子宮に5年は溜まると中学校の時に聞きましたが・・・

もしかして本当なのかもしょぼん

[`yahoo_users` not found]
LINEで送る